Blog&column
ブログ・コラム

電気通信工事で使う道具(工具)は?

query_builder 2021/11/01
コラム
35
電気通信工事ではどんな道具を使うのか、ご紹介していきます。

▼電気通信工事で使う道具
電気通信工事の仕事では、以下のようにさまざまな道具を使います。

■モールカッター
その名のとおり、モールを切断する道具です。
モールとは、ケーブルをきれいにまとめるための道具のことです。

■きりばし
植木屋さんで扱っている枝切ばさみのこと。
切れ味が良いので、モールを切るのに使えます。

■ジェットライン
配管にケーブルを通すための道具です。
配管の片方の出口からジェットラインを入れ、もう片方の出口まで通します。
このジェットラインにケーブルを付け、逆側から引っ張ることでケーブルが通せます。

■ケーブルフィッシャー(ケーブルキャッチャー)
天井や床下などにあるケーブルに引っ掛けて引っ張る道具です。
全長5~10mほどまで延ばせるものが多いです。
なかには長さを測るメジャーとケーブルフィッシャー(引っ掛ける部分)が合体している製品もあります。

■その他の道具
その他ドライバーやニッパー、カッター、ラジオペンチなども使います。

▼まとめ
電気通信工事の仕事を始めたばかりの人は、まだ道具の名前を憶えていなくても大丈夫です。
仕事をしながら学んでいけますよ。
世田谷区の有限会社ティーエムネットでは電気通信工事スタッフを募集しています。
初心者でも仕事を継続すれば、一人前のプロとして活躍できます。
丁寧にスキル指導を行っておりますので、ぜひお気軽にご応募ください。

NEW

  • 電気通信工事士のやりがい

    query_builder 2021/04/12
  • 電気通信工事の将来性は?

    query_builder 2022/01/15
  • 電気通信工事で役に立つ資格は?

    query_builder 2022/01/01
  • 電気通信工事の仕事内容は?

    query_builder 2021/12/15
  • 電気通信工事はきつい?求人はある?

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE